システムに詳しくないので開発依頼が難しいと思ったら。小規模会社さまの場合

独立準備中SEのみな実です。

準備中と言えども、既に人づてで依頼を受けていまして、
システムとはご縁の無い一般小規模の会社様から仕事の案件管理システムを提案中です。

着手自体は決まっているのですが、なかなか普段の作業の流れの落とし込みが社長さまの中で整理仕切れず、少しずつ進めています。

 

「システムに詳しく無いけど、システム導入したい」と思っている方は多いと思います。

最近、仲良くしている不動産事務所の方が周りのお知り合いに、私が今依頼受けている案件で利用しているKintoneというサイボーズのグループウェアについて話しているそうなのですが、

 

「自分が病気になったら?自分が急に死んだら?

仕事内容について管理しておかないと困るのはお客さんだよ」

とお話すると「確かに必要だ・・・準備しなければ」と関心いただくそうです。

 

一般の方や小規模な会社経営されている方でもシステムに近いもので馴染みがあるのは、ウェブサイトだと思います。

なかなか個人や小規模の会社でアプリケーション作成の依頼をされる方って少ないと思います。

 

どうしても大規模な会社のウェブでの申し込み手続きのようなシステムや、大規模な会社のAppStoreからインストールするようなアプリケーションが目立ちがちなのですが、

システムそのものは、本来大規模、小規模と関係ないので、
小規模の会社であっても、何か作業や仕事の内容などを管理することが想像できるなら、システムを作れるできる可能性が十分あります。

 

一般的にシステム開発って難しいというイメージが強いと思います。

 

まだまだシステム系の仕事にはいろんな面で課題が山積しているのですが、身近なところで依頼できそうな人がいれば、絶対効率よく仕事することができます。

 

システム開発を依頼してみたいと思ったら考えたいこと

 

システム開発をしてみたいと思った時、何を考えればいいでしょうか?

 

  1. システムを相談できる人を探す
  2. 何をシステム化(効率化)したいか考える
  3. 身近なシステムの中で自分のやりたいことに近いシステムを探す
  4. システムの費用対効果を考えてみる

などが必要だと思います。

 

システムを相談できる人を探す

 

システムについてはそもそも専門的にやっている人や、馴染みがない人にはあまりわからない世界だと思います。

表面から見ると簡単に動いているように見える物でも、意外と裏ではかなり手間がかかっていることがあり、

クライアント:「簡単にできるだろう!」

システム屋さん:「いえ、あれも、これも、どれも用意しないと作れません…」

 

みたいな齟齬がしょっちゅう起こります。

大規模な実装になると本当に手間暇がすごくかかって大変なんですが、システムについて理解が少ないとそうなるのはわからなくもないです。

なので、相談できる人を一人でも…もしくはシステム会社に相談してみるのがいいと思います。

 

何をシステム化(効率化)したいか考える

 

仕事の内容にもよりますが、何をシステムにしたいかを考えてみてください。

一般的に馴染みがあるのは予約システムだと思います。

お客さんの予約管理などを自分の手帳や予約帳で管理するよりも、楽になる可能性は高いです。

システムにすると、本来なら書き換えしたり、電話やメールを自分で書いて確認とったりする必要があるところを機械任せにできてしまいます。

他には、社内で社員が利用する案件管理、日報、会計管理など、利用できるシーンはたくさんあります。

 

身近なシステムの中で自分のやりたいことに近いシステムを探す

 

自分の作りたいシステムに近いサービスが身近にないかを探してみてください。

欲しいものが自分の頭の中では想像できても、それをシステム屋さんや、システム会社と共有することが難しいのです。

知ってか知らずかわかりませんが、口頭で「こんな○○を管理するシステムが欲しいと思っているのですが」と依頼したところ、
欲しい機能部分は全体の6分の1程度で余分な機能がいっぱい付いたシステム(ソフトウェア)を予算の何倍かの金額で提案されることもあります。

もしくは、「わかりました!」って言われたので安心して任せていたら、機能も不十分、メンテナンスもしにくい、結局使えない!なんてこともありえます。

なぜかと言うと、ちゃんと出来上がりについて意思疎通ができてないからなんです。

完璧に欲しいものを形にするというのは物によってはハードル高いかもしれませんが、サンプルになるものがあれば、一緒に見せて相談してください。

 

システムの費用対効果を考えてみる

 

システムに投資できる金額もあらかじめ考えておいたほうがいいです。

システムによって、余分な時間が削減でき、特に社長さまの手が空いて別の仕事や作業に時間が使えると思ったら、それはかなり効率よくなることなので、予算を多めに投資することも良いかと思います。(もちろん、売上に対して)

社員の働き方の改善のためなど、色々理由があるならそれも良いと思います。

ただ、システム化できそうだからする…という程度であれば、システム投資に見合う回収が難しいのでよろしくないです。

 

システムを1から作るとなれば、もちろんどんなシステムにするかや、会社の仕事内容に関する開示もしていただく必要が出てきますし、時間的なコストもかかってきます。

ですが、時間とお金を一時的に投資しても見返りがあると考えられる(見込みのある)ものならば、作ることで投資した分の何倍にもリターンを産むことができます。

 

 

システム開発は建築と一緒だと思ってください

 

システム開発ってなんだか見えないものだし、多分一部の人からはまだ胡散臭さの抜けないものだと思います。

裏では結構難しいことをしていたりもするのですが、システムの見え方は単純になりやすいので「なんだか簡単そう」と思う人もいます。

規模が違えど、システムはコンピューター(サーバー等)に家を建てるようなものです。

どんなものを建てるかは、お客さんの依頼によって全然違いますが、
設計書書いたり、土台を作ったり、骨組み立てたり、装飾したり、メンテナンス性や管理のしやすさを考えたり、収納スペースを考えたり、作業効率考えたりと、家やお店を作るのと考え方は変わらないんです。

なので、家の設計図やレイアウトなど考えるのって結構骨が折れる作業ですが、見えないだけで、それだけの作業をしているんですよ。

 

世の中には確かにテキトーな建築する人もいるし、こんなに手間暇のある作業なのにやたら値切ろうとしたり、まだまだ理解が浸透してない世界だとは思います。

それでも効率化することで、仕事量が減り、管理が楽になり、業績が上げることができます。

 

よくわからんな〜とそれでも不安になったら、アウトソーシングで小さなゲームアプリなど依頼してみても良いかもしれません。(結構手軽に作ってもらえます)

少しでも参考になればと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です