SEが進路に行き詰まった時に考えるべき進路・選択

みな実です。

SEと一口に言っても正直いろんな人がいます。

要件定義というお客様からの要望と実物のシステムの調整をしている人もいるし、テストばかりしている人もいます。

プログラマーってプログラムばかり書いてる人もいるし、それらの製造工程を全て網羅したことある人は半分以下とかじゃないんでしょうか?

職場によって経験できる範囲が全く違うし、使うプログラミング言語も全く違います。

 

IT業界と一口に言い切れない幅がありますが、キャリアアップや自分の技術知識を磨きたい、独立したいと思う人は、全工程をやっていきたいと思っているはずです。

大手に就職したけど、知識が偏りすぎたり、他社で通用しないなどの理由で転職を諦めている人もいるくらいです。

SEとして一人で一人前になるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

他社に通用しないって未経験と何が違うの?

 

私も正直一般に通じる技術や知識を持っているとは言えません。

全工程を仕事でやったことは無いのです。

そんな人が転職しようとしたところで、あっさり却下されます、祈られますw
結局中途半端にしか仕事に関われなかった経験がいっぱい有っても評価はほぼしてもらえません。

 

よっぽど大手のブランドがあったり、知識が豊富だったり、リーダー経験が無い限り、転職が難しいなんて、
一般の会社にどんなSEを一般に使いまわしているんだ!と思いますね。

SESで仕事をするのもそうですし、大手でも社員やチームが部品のごとく細分化されているため、担当箇所が限られ、自社開発や技術重視な会社には採用されない現状です。

 

採用されないとなると、それは未経験と何が違うの?という気持ちになります。

仕事で使い道が無いと判断されるということは未経験とほぼ同等だと思うのは私だけじゃ無いはずです。

 

 

工程を網羅できるエンジニアになるしかない

 

専門学校卒や研修、職業訓練校を出てエンジニアになるなど、いろんなやり方でエンジニアになっていくわけですが、お金がない状態でいい加減な会社に入ってしまうと、

給料も悪い、労働環境も悪い、時間もない、お金もないので自己学習や資格試験さえままならない・・・など、どう考えても最悪です。

お金がないから転職できない、お金がないから満足に勉強できないって、今のままでもお金が無くて辛いですよ。

 

なので、お金か時間かのどちらかで余力をつけることでしか解決しないと思います。

副業を禁止している会社も多いですが、副業でもしてお金を貯めたり、自分の学習などに時間を投資していかないと、いつまでたってもSEとして一人前にはなれません。

一旦労働環境が悪いところに入ってしまうと悪循環しか起こらないということです。

 

実力は裏切らない

 

どんな形であれ、実際にアプリケーションを作ったり、SQLを使えたり、自分でフル工程をやっていくことができて、成果物が作れるに越したことはありません。

会社でも同じことをするだろうし、会社なら個人よりももっと大きな規模になったことをするだけです。

技術があれば、必要としてくれる会社もいるし、フリーでも仕事が取れます。

本当なら小さい規模で開発して、全員が個人事業主になれるくらいの技術力だが、チームで役割を分けて規模の大きな物を作っているだけというのが理想ですが。

 

個人でやる方法もありますが、気にいる会社があればそこで働くのもいいし、開発が好きならそのポストでガリガリやっていくのもいいですし、自分の好きなポジションで仕事をこなしていくことが大事です。

ある程度どれもできるけど、自分はこの道(この分野)に進むと決められるようになってほしいと思います。

 

SEとしての生き方は色々ある

 

会社なら、生産性のある人なら欲しいと思うし、フリーランスでも役に立ってくれると思えるならやっぱり採用するでしょう。

会社に所属するかどうかは別として、必要とされれば仕事になるのがSEだと思います。

 

個人ででも知人や人づてでも「こういうことやって欲しい」という技術的な希望に応えられるなら仕事になります。

もしくは、自分で人に欲しがられる商品を作って売ることができれば仕事になります。

 

何らかの形で会社に必要とされるか、顧客(利用者)に必要とされる事があれば仕事として生きていける訳です。

40代を超えてくるとその先が難しいと言われるSEであっても、自己研鑽して人から必要とされる存在でい続ける限り、仕事がなくなるということは無いと言えます。

 

 

SEならやっていきたいこと

 

そもそも生活に困るとか、自分の学びや資格などに投資できないという金銭的困難な状況はありえないと思います。(過去そういう状況でしたが)

そして残業がある生活もなしだと思います。

 

誰が安心できない生活して、時間もなくて
「技術やスキルを学び続けられるのか?」と思います。

日々アップデートされる技術や廃れたり、登場する技術に追いつくためには情報収集が欠かせません。

ちゃんと知識を吸収してこそ、仕事にアウトプットできるに違いないです。

 

そしてアウトプットしていく場所を作ること

勉強会を開いて発表もいいし、そもそもブログ書いたらいいよねってこととか、GitHubで書いたコード公開して意見もらったり、絶対SNSやるべきだと思います。

 

仕事のことは守秘義務のあることもあるので、自分の成果として見せる事ができないけど、自分の結果を残すためには自分で自分の発信場所があるといいです。

そのコードや成果を名刺代わりに使うくらいでないと勿体無いです。

 

 

土方なのかもしれないが、医者と同じの発想がいいと思う

 

IT土方と言われるように、どちらかというとIT自体が一次産業的な位置づけにある仕事のため、何故かわからないけど、建築系の業界と同じような構造になっている節があります。

大手会社から多重請負になっていたり、末端の仕事させられる人もいたり、発注して管理するだけで儲けている会社があったり。

それよりは、全員がプロフェッショナルな一人であり、その中で専門性を追求した形で仕事ができるようにしていきたいなと思っています。

 

インドではエンジニアが医者と肩を並べるくらいステータスが高くなってきています。

結局のところ、いろんな分野がありますが、どれに対しても全く知らなくていいわけでもないし、基本的な事なら、どのIT技術者でもわかるというのが理想です。

技術としての基本的な事が押さえられておらず、使い捨てるかのようにテスト作業要因を作るぐらいなら、基本は押さえた技術者が集まって協力して全工程を網羅してやっていくほうが、変な犠牲者を作らなくていいですよね。

 

IT業界への参入難易度は上がるかもしれないけど、それくらいの安心感と安定に支えられてこそ、いい商品やシステムが作れるのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です