ツイッターからWebサイト制作させてくれる人を見つけました。実績づくり

みな実ですw

実績として出せるものを探していまして、自作でオリジナルのWebサイトでもいいとはおもったのですが、
自分のオリジナルになるとやっぱり会社のWebサイトなど商用とは違ったものになってきそうだったので、Webサイト制作させてくれる人を探していました。

正直、リアルな人づてでもいなくはなさそうだし、いざとなったら、見かけたWebサイトでイマイチな会社とかに電話して、提案することまで考えていました。

でも、さすがに実績がはっきり無い状態だとアピールしにくいところがあります。

 

とりあえず実在の会社のサイトをオリジナルで制作してみる

 

知っている人の会社などを自分ならどういう形で作るかを検討して、形に起こすのがいいと思います。

なので、ネット起業家さんだけではなくて、リアルのビジネスされている人にも知り合いがいた方がいいですね。

でも、いなくても問題なくて、
イマイチなWebサイトでビジネスされている会社を見つけて、オリジナルをつくり、実会社に提案してみればいいんですよね。

もし採用にならなくても、実績として残せますし、採用されれば売って、さらには利用前・利用後みたいに載せさせてもらえるよう許可を取って公開したり。

 

手間はかかりますが、スタートアップの時期なので、そういう形でクロージングしてお客様につなげてもいいと思います。

もうオリジナルをいちいち面倒臭いとなったら、テンプレートをセットアップ込み・人によってはサーバ管理込みで販売すればいいと思います。

自分で満足できるテンプレートが作成できたり、CMSをさらに楽にカスタマイズできるようにしたり、まあニーズがありそうなら今のサイトが不満な人に乗り換えませんか?という提案をしたり、いろいろできそうですね。

実際すでにそういうことをしている人はいます。
あとは個人的な売りや特徴を出しておくことで差別化ですか。

 

 

信頼関係が無いと仕事にならない

 

今回のツイッターの件を開始するのは2月に入ってからなのですが、それまでにぽしゃる可能性がないわけではありません、まだw

それまでに提案や詳しい話を詰めたりしますし、納得して任せてもらえるようにする気概であります。

 

今回の話は、何の気なしにブログの話をしていたところ、その方も会社を週末起業でスタートアップのところだったので、
「会社のホームページ作るつもりはそこまでなかったけどお願いしようかな」ということで、乗り気になってくれました。

それまでもツイッターで絡んでたりしてちょこちょこっとコミュニケーション取っていたわけですが、
私が独立に向けて色々と準備している様子もツイッターで伝わっていたから依頼してもらえたのだと思います。

 

今回のは本当に『たまたま』欲しい人が近くにいたというだけですが、以下の3つのポイントが大事だと思いました。

  • 何をしている人なのか、活動の様子がわかること
  • ちょこちょことコミュニケーション取り続けること
  • 欲しいと思いそうな人とつながること

 

既にDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)という形でこの手法は取られているわけですが、やっぱり自己開示とコミュニケーションが信頼を作るんだと思いました。

そういう意味でも勉強になりました。

 

 

そもそも信頼できる人だと思ってもらえる人でないと

 

当たり前ですが、頼んだことがテキトーに返って来ることは問題ですよね。

起業やフリーランスは確かにフリーで自由が多いですが、信頼してもらえないと人に頼んでもらえないです。

実力社会ということもブログやユーチューバーはどうかといいますと、
継続して投稿するという信用とうまく書いたり、視聴率取ってくれるという信用があります。

 

仕事をする以上は、成果を出す・継続する・人として好感を持たれることって重要ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です