稼げる・安心なフリーランスエージェントと特徴の一覧

秋のみな実ですw

フリーランスになろうと決めた場合、大半はエージェントを通して契約すると思います。

正直、直接会社との契約の方が儲けは多いかもしれませんが、エージェントを通すことで得られるメリットも多いです。

会社員ではいたくないけど、とりあえず今までと似たような感じで働こうかなと思うならフリーランスエージェントを通すと安心です。

 

エージェントを通す理由を先にお伝え

 

フリーランスを支援するエージェントを通しておくことで、何が違うのでしょうか?

もし、今まで携わった会社や人伝てに契約や仕事を貰えるなら、もちろんそれでもいいと思いますが、同時にリスクも多かったりします(case by caseですが)

エージェントは大体が案件に対するリスク下げや交渉に入ってくれるので、自分で細かく交渉したり、仕事のリスクを下げる手間もありません。
さらに案件を探す手間が省けます。

 

特に以下のような特徴があります。

  • 案件探しの手間の回避
  • 仕事の範囲の交渉
  • リスク下げの交渉
  • 金額の交渉
  • キャリアや実力からの相談・支援
  • フリーランスの確定申告などの相談・支援
  • 場合によっては地域でのイベントや懇親会の開催

 

そんな感じで、フリーランスが仕事以外に発生する仕事(マネジメント系)を大体やってくれます。

SESと何が違うの?と思うかもしれませんが、金額や契約の内訳も開示してくれますし、
マネジメント手数料としてエージェントに支払うという意識です。

 

それが嫌だな〜っと思ったら、自分で案件持っている会社に交渉しに行った方がいいです。

 

SEのフリーランスとは言っても、大体月契約で知識と労力を売るのがフリーランスエンジニアなので、フリーアナウンサーみたいに単体の仕事を何本も取るような形態ではありません。

そこは理解が必要だと思います。

 

本当にフリーランスになるのか?

 

色々エージェントをやってくれている会社がありますが、それもこの10年くらいです。
勿論もっと古いエージェントもあるのですが、フリーでエンジニアというのは、やっぱり少なかったようです。

終身雇用の意識も根深く、フリーと言うだけでやっぱり会社での保証分(雇用されているという担保がないので不動産やカード申請がしにくい)が無くなってしまいます。

 

保険料の支払いは、どっちみち会社が負担とは言え自分が稼いでいる分から支払っていると思うので所得から引かれる保険料が増えるだけですが、

これからはアメリカからの影響を受けて、もっと流動的に仕事ができたり、会社の雇用という保証がなくても不動産・カードなどの契約ができるようになるはずです。

 

今会社員なのであれば、先にカードの契約や引越しなどを済ませておきましょう。

参考までに

 

最悪、技術があれば雇ってもらえますので、フリーランスになったけど、合わなかったら会社員に戻るなり、起業という選択肢をとっていきましょう。

 

ただ、確かにフリーランスで働いたほうが、収入は上がります。
それが一番のメリットでしょう。

 

 

おすすめフリーランスエージェントと特徴

 

 

20代向けのエージェント

 

20代はやっぱり東京に案件が集中しています。大阪でも少なめです。

大体主要な都市(東京・大阪・名古屋・福岡など)には仕事があることが多いのですが、20代向けはかなり東京に集中しすぎているので、リモート案件などで東京の仕事をすることが狙い目だと思います。

もしくは、自分で調べて地方発のリモート案件取り扱っている会社などで契約するのがいいかと思います。

東京の人は、東京住みを活かして稼いでください。

リモート案件も扱っているけど、今の所東京がメインのエージェント。
今後少なくとも関西などの地方にも進出予定だそう。30代でもいけます。

エンジニアの独立支援なら【midworks】

堅実なエージェント(信用度高めのエージェント)

 

割と長くあるエージェントの会社。
信用度も高めでサポートも厚いです。ただあんまり緩い感じではないです。

地方にも案件を持っているし、地方の事務所もしっかり機能しているので、東京以外の人はこの辺から探してみるといいと思います。

 

Pe-BANKは30周年迎えたエージェントの会社。
信用としては十分だと思います。私が以前話を聞いた46歳のエンジニアさんもここを使っているらしいです。
この記事で書きました

利用している年齢層も幅広めで24歳〜50代までおります。
懇親会・勉強会などもしているので、フリーランス特有の孤独な感じは無いかと思いますし、しっかり契約内容や金額の明細も出してくれます。

独立を考えるITエンジニアの方へ【Pe-BANK】

 

案件数が多くてそれなりに古いエージェントです。
ここも地方の案件も扱っているので、東京以外の人は探しやすいと思います。
フリーランスになるための支援や相談もしているので、安心してお任せできます。

フリーエンジニアの案件なら、Web案件数業界最大級のレバテックフリーランス

 

 

東京にはめっちゃ仕事もあるし、エージェントも多すぎてよくわからん!

 

すみませんが、私は関西人なので、東京がよくわかっていませんw
エージェントの違いやサポートの力量はエージェントにとにかく当たってみないとわからないと思います。

もちろん、契約内容や契約金、手数料は開示してもらってくださいね。

 

むしろ東京に集中して案件のあるエージェント。
2011年から活動しており、しっかりした単価で内容も色々です。

スキルアップと高単価案件ならフューチャリズム

 

20代向けで書いたこのエージェントも今のところ東京で高単価案件です。

エンジニアの独立支援なら【midworks】

 

 

東京が今のところ得している状況

 

内容がほとんど変わらなくても、東京の案件なら100万レベルの案件が多数あります。

どうしても地方だと40〜60万、それ以上でも80万を超える単価は厳しそうです。無いことは無いと思いますけど。

目安としてはそんな感じなので、エージェントの方と話をしてみて確認してください。

 

エンジニアの仕事自体は変わらないのに…とは思うのですが、やはり大企業が東京に集中していることが原因だと思います。

そもそも大企業じゃないと単価100万というような金額を払えるわけがない!

 

地方の中小企業では地域的には知名度のある会社でもなかなかそこまでの金額出せませんからね。自分の取り分が100万ということはエージェントの手数料抜いて120万?とか払っている計算になるでしょうから。

今後、リモートで案件が出回れば地方にいてもたくさん仕事が選べると思うのですがね。

 

地方では規模も小さく単価は低いかもしれませんが、中小企業のIT化も必要になっています。

だいたい大きなグループウェア会社のアプリケーションを使ったり、IT知識レベルが低いせいで、規模に合わない金額をシステムに投資している会社もあります。

中小規模の会社のシステムをいくつも抱える会社なら地方で役に立っていくはずです。

 

地方に人は、働きながら個人で仕事開拓していく方が、もしかすると上手く仕事が回るようになるかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です