あなたは会社に必要とされているのか、頭数なのか?仕事のやりがい

秋のみな実です。

最近よく思うことが増えました。

なんで自分は会社で働いているのか?
自分は会社にとって必要なのか?

そんな疑問ってあなたはありますか?

 

仕事にやりがいがあったら、会社が自分のことをどう思っていようと関係ありませんが、
自分の働き方に少しでも疑問がある人にとっては、多分やりがいもあまり感じていないでしょう。

会社は会社に応募してきた人の中から

「まあこの人なら仕事をしてくれそうだ」と思って雇い入れるわけですが、

本当に会社に自分にとっても会社にとってもやりがいや成果につながることをさせてくれるでしょうか?

 

 

仕事に対するやりがいが見出せないのは普通

 

勤続年数が長かったり、役職が上がっている人は段々と会社にとって大事な仕事に当たっているかもしれません。

そういう人は大きな決定を左右したり、決めていくことも出来るでしょう。

ですが、普通に新卒で入ったり、中途だろうと勤続年数が浅い人たちは、
足軽同然で数と労力が仕事になっていることが多いです。

 

SEのような頭を使う仕事でも、とにかく人手が欲しいからSESなんかのよくわからない会社から人を雇うわけです。

質とか求めるところはやっぱり自分の会社の社員にやらせますよね。

 

自分は会社に雇われている限りただのコマ状態ですから、ポストが上がらない限り、つまらないしょうもない仕事をやることがほとんどです。

 

会社から本当に欲しがられる人材は限られている

 

会社が人を雇う時というのは、

  1. 利益につながり、喉から手が出るほど役立つ人材
  2. 悪くないから雇っておこうと思う人材

 

1番の人は稀なので、2の人がほとんどだと思うんですよね。

だから、2の人が自分勝手にすると「人に迷惑かけるな」となるはずなんですよ。

1の人は仕事さえしてくれれば利益になるので、ある程度融通効きますが、こんな人はなかなかいません。

 

だいたい、とりあえず仕事をしてくれて、利益になりそうだから雇いますが、
その個人がどうしても会社に必要だと思われていることって少ないと思います。

(だったら給料も十分払ってくれるだろうしね)

 

今は生活のお金のためだと割り切って働くならいいと思う

 

会社でしか生きるところがないとか、他の会社には転職できないだとか、そういう考え方をする限りは一生雇われて終わりだと思いますし、境遇も悪いままでしょう。

SEは今のところ人材不足ですが、今後も同じくらいの求人数が出るかはわからないと思います。

 

特に女性は事務仕事が人気ですが、本当に誰でもできるから給料も勤続年数でしか変わらないし基本的に給料が低めなんだと思います。

でも会社は知らないうちに赤字で倒産することもありえるし、しばらくは生活できるくらいは蓄えないとやっていけない。

 

「今は生活のためだ」と割り切るのであれば、バイトだろうが、社員であろうが、会社で仕事をするのはいいと思いますが、
本当に一生その会社で仕事をしていくのかというと、
それって自分の人生生きてないんじゃないですか?と思ってしまいます。

 

起業でなくても、個人として必要とされて生きる方がいい

 

起業まで大げさに考えなくても、自分のスキルを必要としている周りの人に自分を必要としてもらうことってそこまで難しいことではないと思います。

なので、会社員として個人を殺して組織の中に埋もれてしまわなくても生きる方法っていっぱいあると思うんですよね。

自分の労力を使うところが本当に会社なのかどうかは考えた方がいいかもしれません。

 

仕事をやらされて苦労するより、自分がやりたくてやって苦労する方が、本当に気持ちがいいことだと思います。

やらされたことで怒られるのと、やりたかったことやって怒られるのでは
気持ちが全く違いますね。

 

そのためには何か自分の得意を作っておくことだと思います。

それを周りに知っておいてもらうだけで、大きく変わってくる気配しかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です