ZOZOの件。お金の価値・対価・影響力と付き合い方。

秋のみな実です。

とっても現実的な話になってしまうのですが、ZOZO社長のTwitterでの100万ばら撒き事件の一件で、お金に関する話題が一時的にTwitter内で増えました。

このZOZOの件については、「結局何をどうしたかったんだろう?」と思うしかなく、フォロワーをいっぱい集めることが目的とも思わないし、広告費だったのか、社会貢献だったのか、本人にしか意図がわかりませんので、追求しません。

 

ただ、具体的に100万円のお金に対して、いろんな人の意見が聞けたのは収穫だったのではないかと思います。

やっぱり100万降ってきたら嬉しいですし。

と、同時に最近感じていたお金の価値とか、仕事の対価としてのお金について書きたくなったので、書きたいと思います。

 

ZOZOの一件で思うお金について

 

お金持ちは権力者だという構造は資本主義のこの社会では仕方がないことだと思っていますが、
私は読んだ本や人からの意見を聞く限り、お金持ちだから人間性が優れている訳でもなんでもないです。

だから、ZOZO社長の人間性とか、社会貢献とか、そこに過度な期待はしても意味がないと思います。政治家などではないので。
しかも、本当にZOZOの前澤社長がこの一件の批判について「男の嫉妬」みたいな発言をしているなら、わざわざ敵を作らなくてもいいのに…と思います。

 

あとは、誰かの支援みたいなことをしたいだけなら、社員にでも探させて、投資家としてお金渡すとか、色々やり方はあったはずだし、
社員や身近で貢献している人に渡すわけでもなく、誤解を受けそうなパフォーマンスで100万を配ったことの方がいまいちよくわかんないです。

「男の嫉妬」と言っているように、世の中の男の嫉妬心煽りたかったのも一理あるかも。
私情100%ではないにしても、個人的な欲求も含んだ行動だと思えば、あまり議論する意味がないかと思います。

 

とにかく、この件でまざまざとお金の魔力を見せつけられた気がしますし、お金に対しての人の価値観も全く違うんだなと思いました。

個人的には、お金が欲しいのでお金持ちに媚びるというのは、
幸せにはなれないと思うのでおすすめしませんし、できることならやめてもらいたいと思います。

払えるお金を持っている人が、快くお金を払うことによって受け取るお金であってほしいと思うし、

お金を持っている人に従属する代わりにお金をもらうような考え方をしていると、
お金持ちに卑屈になり、お金に対してネガティブな感情を持ってみたり、一番お金に振り回される体質になってしまうからです。

 

お金のメンタルブロックの話

 

お金に関する卑屈な思い込みを『お金のメンタルブロック』と言いますが、
上の話のようにお金に振り回されて生きることはお金のメンタルブロック以外の何者でもないと思います。

お金を持っている人を羨みながら、お金がない現実を打開するための具体的な解決をしようとしない状態がメンタルブロックです。

お金に対するある意味ネガティブな思い入れが強いせいで、お金を手に入れようという意欲がなかったり、どうせ怪しいことして稼ぐんだろうと思っていたり、ビジネスって怖いとか思っていたり。

でも、そう思って清貧を美徳としている人ほど腹の中はめちゃくちゃお金に卑しかったりしますから、パラドクスですね。

 

現実的にお金がないと思っている人は、

  • 労力の対価
  • 時間の対価
  • 価値の対価
  • 我慢の対価・・・etc

と思っている人は多いと思います。

実際働いているとそういう扱われ方をすることも多いし、バイトも時間の対価だし、仕事も労力の対価や我慢の対価になってしまっていることがよくあります。

そういう環境の中にいて、それが当たり前だという考え方の中で生活しているから、その思い込み(ブロック)が当たり前になっているだけであって、
普通に上のような価値ではないところにお金を普段使っていることに気づいてない人も多いと思います。

 

お祝いのお金とかも別に対価じゃないですし、普段の買い物も全然上のような対価になっていません。

情報社会とはいえ、欲しいと思った情報を調べない限り自動でちゃんとした情報が入ってくる訳ではないので、未だにあんまり理解していない人って多いと思います。

 

 

お金の価値に関するよくある議論について

 

『お金は価値を提供した対価である』という文句がネットビジネス関係で流行っていましたが(まだ流行っていますが)、Twitterでそれは違うと思うと意見を出していた20代の男の子がいました。

特に親しいわけではないので、名前は伏せますが、

「役立つこと」と「儲かること」は違う。
「価値が提供された瞬間」にお金は払われるわけで、「価値を受け取った時」にお金を支払うわけではない。

という話をしていました。

確かに、大した物でもないけど一時的に流行って、なぜかみんな持っている…ってことありますよね。
今思えば、たまごっちとか面倒なだけだったよね…と思わなくもない。

本も内容を読む前にお金を払っているわけで、本を読んで「よかったよ」という感謝で支払っているわけではないですよね。

 

 

物が売れることは

  • 製作者や著者の信用に関係して買っている部分
  • 心理学的に『模倣の欲望』と言われているようにみんなが買っているから買っている部分
  • 自分の悩み解決や欲求を満たすために買っている部分
  • 生活や仕事に必要だから買っている部分
  • 投資として買っている部分

などがあると思います。

 

別に価値の提供がお金になっているとは言い切れませんね。

なので残念ながら、お金を稼ぐことと実質的な価値の高さ、悩みの解決能力はそこまで関係ないんですね。
投資も明らかに利益が出るわけではないので、実質的投資の安全性については誰も保証できません。

それよりは期待感を持って買うわけです。

「欲求の満たしやすさ」も関係あると私は思っていますが。

 

なので、つまり、実質的な働きや機能、価値そのものよりも、
期待感や手軽さの方が価値としてあるので、お金が感謝や価値の対価というのは簡単には言えないです。

 

お金との付き合い方

 

「お金がない人はお金のせいで犯罪を犯すこともある」という話をしている人がいました。

確かに強盗や万引きとか、果ては殺人とか。

お金に惑わされるのはお金を持っていない人で、お金を持っている人はお金を手なづけているようなものだと思います。

実際お金を持っている人はどんどんお金を手に入れる手段が増えますし、投資をしたって、リスクはありますが何倍ものリターンにだってなります。
お金を持っていない人はお金がないことで卑屈になり、どんどんお金から遠ざかる可能性すらあります。

 

お金が汚いとか思ってしまう人は、
お金の汚い使い方しかあまり見たことが無いからなのかなと思います。

今回のZOZOのお金の使い方もお金に対してネガティブな人が見たら、汚いお金の使い方だと思います。
お金でたくさんの人の行動を振り回したわけですので。

 

普段の低賃金での労働もそうで、満足できない給料で働かされている人にとっては、自分は会社のコマかと思うような環境で働いていたりするからだと思います。

そんなわけで自分の価値を高めようと資格をとったり、勉強したり、実質的な価値(クオリティ)をあげようと頑張るわけですが、
残念ながら、実質的な価値があれば高いお金をもらえるというわけではないのです。

 

それがいまいちピンと来ない人は、お金の付き合い方を見直すことをおすすめします。

労力の積み重ねや時間などももちろん価値には違いないですが、お金を得ることはそんなに単純ではないってことなので、

この謎解きが解けて、実践できれば多分お金に困らず、お金にも振り回されなくなると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です