女子は生理で体調が変わるし、仕事のパフォも全然違う

秋のみな実です。

私は割と生理の時辛いタイプです。
それでも生理で寝込んでます・・・という友達よりはちょっとはマシなのかな?と思う次第ですw

私が仕事を自分の裁量でやりたい理由は体調のことが大きいのですが、生理もその一要因で、生理が来ると仕事の消化率がガクっと下がります。

 

原因は貧血かな?と思うのですが、今まで貧血とは診断されたことがないんです。

頭はぼーっとして、頭痛がしたり、腹痛があったり、目もシパシパしたり、症状は色々です。

生理中のこの変化って男性にはあんまり理解してもらえないし、知っているとしても「嫁が生理中で今イライラしてるんだよね」ってくらいじゃないですか?

なので、生理中の変化についてまとめました。

 

生理中に起こりやすい仕事への支障

 

仕事をするのに体調が悪いと仕事を消化する速さとか、文章を読んで理解する速度とか、会話にタイミングよく返事するとかが、いつも通りできなくなりますよね。

熱でしんどい時などを男性の場合は想定していただきたいです。

そんな時に仕事って割としんどい上に、いつものパフォーマンスが発揮できない悔しさとかありませんか?

生理中とはそういう期間です。

 

例えばこんなことがあります。

  • 腰が痛いので椅子に座り続けたり、ずっと立っているのが辛い
  • 目がいつもより疲れやすく、小さい文字や確認作業が辛い
  • いつもより頭での処理速度が落ちていて、脳内処理に時間がかかる
  • 頭が痛いし体が重いので、動作が遅くなる
  • 人により急激な眠気のためコーヒーを飲むも効かない
  • 吐き気や気分の悪さ、腹痛などでどうしようもない時がある

 

生理も人によって症状の度合いや症状の違いがあり、「誰もが」と言えないのが残念なのですが、辛い人は相当辛いので、認知がもっと欲しいと思います。

生理休暇が一応会社の休みの中に追加されていますが、実際にそれで取れるところは少ないでしょうし、女性同士でも症状の差が大きいため「生理ごときで・・・」と無症状に近い方が批判したり、過去体調が生理で悪い時でも働いてきた女性たちが「私たちの時は・・・」と言い出すことで取得が気まずいこともあります。

男性の場合は生理についてさっぱりわからない人も中にはいらっしゃるので「そんなこと」となってしまいやすいです。

 

生理で起こる体の変化について

 

生理は月経期と言われる期間で、ホルモンバランスで言えば、黄体ホルモンというホルモンが増える時期になります。

黄体ホルモンは生理前の1週間前後から増えていき、その後生理終わりに向かって減少します。

その時期は眠気が増えたり、血流が鈍くなり、子宮が収縮するため腹痛などが起こります。

実はあまり知らない男性が多いですが、

  • ホルモンバランスが変わる
  • 体温が変わる
  • 味覚が変わる
  • 睡眠状態が変わる
  • 精神状態が変わる

 

といった感じで、毎回生理がくる度に身体が急に変わるんです。
しかも、イライラしやすかったり、大した理由もないのに悲しくなったりと、精神的な変化もホルモンによって起こります。

私の場合は生理直前になると寒さに強くなったりしますし、一時期はめちゃくちゃ生理前になると泣いてて大変でした。

 

料理人に男性が多い理由が本当にそうなのかわかりませんが、女性は体調によって味覚が変化し、毎回同じ味にするというのが難しいという話を聞いたことがあります。

実際に実験結果で、味覚の甘味と酸味については生理周期の時期によって変化することがわかっています。

 

仕事との付き合い方を考えたい

 

男性の働き方の中に女性が加わったという程度の状態が戦後くらいから続いています。

大分改善はされてきていますが、男性優遇になっている・女性は結婚して仕事をやめるだろうと思っている会社はいっぱいあると思います。

私の親世代だとお茶汲みとか、本当に仕事の雑用などをやり、寿退社で会社をやめるというそんな時代だったわけで。
今の4,50代で仕事している人は女性が主流・保護がある職場(看護師・公務員)だったり、転職を何度かしつつ働き続けている人が多いと思います。

 

結婚して専業主婦になれる女の人も少ないし、子供の面倒を見つつも共働きになることが多いし、離婚もかなり増えてきて、女性が継続して働かずに仕事やめて結婚とか勿体無いと私は思うんです。

今、結構高学歴の女子は母親が父親に対してたくさんの不満が有っても、経済的自立を持てないために我慢して結婚生活を続けている苦労を見ながら育っている人も多いです。

離婚しても経済的に不自由ない状態とか、一人ででも十分お金に苦労せず生きられるかどうかという点でも、そんな親の苦労を見て反発の意味や、親の期待を背負って勉強している人もいます。

 

実際、大学の奨学金制度に申し込みしてきた大学生の審査面談で面談などされている人も、「女の子の方が男の子より考えているし、向上心も高い」と指摘していました。

それくらい、女性のポテンシャルは高いと思うのに、企業の判断とか慣習とか体力的な問題でダメになってしまわないようにしていって欲しいと思います。

 

その働き方の一部として、IT業界も悪くないと思うし、自分のライフスタイルに合わせた働き方ができると思うので、チャレンジしてもらいたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です