独立して生きる資格と会社員だから生きる資格

色々勉強もしているこの頃ですが、資格を取得したいなと思いました。

資格はビジネスだと興味もあまり持たなかった私ですが、最近になり、
『実力や信用を裏付ける資料』
として、資格を取るのもいいなと思いました。

特にIT系は資格や検定がかなりたくさんあります。

だけど技術職なので、何年かに1度は更新が必要だったり、とにかくややこしいです。

 

会社員なら特定の資格取得で資格取得手当など数千円の給料アップになったり、検定料などを補助してくれたりということもあります。

ただ、独立と会社員では持つべき資格は変わってくるかも・・・というはなしです。

 

IT系で間違いない資格はIPAの国家資格

 

情報系の資格で間違いないのは情報処理推進機構が行なっている基本情報技術者、応用情報技術者、それ以上の諸々の国家資格です。

IT系で仕事している人ならわかるし、国家資格という意味で初めて話す人が知らなくても『国家資格なんだ・・・』という信用があります。

ベンダ系のOracleなどその辺りもIT系の人ならわかりますが、素人はほとんど知りませんし、説明するのも面倒なので、独立する人には向いていないかと思います。

 

意外だけどMOSの認定試験

 

一般的にパソコンができる人と言えば、Microsoft Office Specialist認定試験、通称MOSの試験でWordやExcelが使えるという証明になる試験に合格している人です。

一般事務などでもMOSの認定証持っているかどうかで、少なくとも一般的な事務作業に使えるパソコン能力がある証明にはなるので、あった方が信用があります。

IT系資格は認知度低いので、MOS(Microsoftの資格)ってだけで掴みはいいかと思います。

誰が見ても「あ、パソコンできる人なんだ」ってかんじですね。

 

難しい資格を取っても自己研鑽にはなるけど…

 

自己研鑽の成果やレベルチェックにはなりますが、どこかに売り込みに行くとしても就職するとしても、資格よりは実際に作ったものを提出する方がわかりやすいと思います。

なので、資格手当や自己満足のために資格を取得する訳ではないのなら、国家資格やわかりやすい(一般人にも理解できる資格)くらいでいいと思います。

 

難易度の高い資格でも興味のない人やジャンル外の仕事をしている人からは理解されない資格は多いし、興味もなかなか持ってもらえません。

面白い資格とかならツッコミ入れてもらえるかもしれませんが(笑)

 

というわけで、

IT系資格は国家資格やわかりやすい資格を取る。

実力を誰かに見せたいなら資格じゃなくて制作物を用意する。

 

が大事かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です