商売の方法を教えている人は疑った方がいいということ

エンジニアとして独立する人にとっては、フリーランスとして働かないのであれば、自分の商売方法を考えるのは大事なことです。

自分でサービスを提供し、自分で売り方を考えることが必要になってきます。

もちろん、誰かと組むのもいいですが、最初から組んでしまうと、それに伴う費用が掛かったり、いわゆるコミュニケーションコストがかかるのでおすすめではありません。

そういった一般論的な話は無料の情報でも手に入ります。

しかし、コンサルタントや「私は好きなことで稼いでいます」という人や「これ(例えばブログ)を使って稼ぎましょう」といった宣伝で仕事している方というのが一定数いて、それに引っかかってしまう人も多いと思うので、記事を書きます。

 

商売の方法は教えてもらえるものではない

 

今すでに売り上げがあったり、ブログやユーチューブで売り上げが立っている人がどうやって商売すればいいかという方法についてコンサルするようなパターン1

もしくは、一時期流行った「アメブロを利用して起業しましょう」みたいなパターン2

 

ネット上で何らかのサービスを提供・情報発信・いかにも仕事がうまくいく・儲かっているようなブランディング(見せ方)で、

「あなたも私のサービスを受ければ儲かりますよ」

と宣伝していたりします。

 

実際のところ、裏が取れないことが多いのが現実です。

儲かっているのは確かかもしれないが、人の商売のタネを考えられるだけの力なんて無いことがほとんどです。

 

その理由としては、

  • 売れる商売は売るもの・売り方・ブランディング(見せ方)はオリジナルである必要があり、本人が絞り出さないとできない。
  • 何か商売を始めたい人が悩むのは、ネットがうまく使えないという悩みや営業の仕方がわからないというよりは、売るもののネタがわからないのがほとんどだから。
  • 一時期流行った「アメブロで集客して楽に稼ぐ」みたいな集客ビジネスは、そもそも「アメブロでビジネスしよう!」と言い始めた人が一番稼いじゃっているから。
  • 自分の独自性を出して商売するから当たる場合があるわけで、誰かの真似(ユーチューブで稼ぎたいからとヒカキンの真似)をしても、真似で終わってしまうから。

 

ということです。

 

すでに商売方法が確立している仕事(仲介業・小売業)は、お客になってくれる人が見つけられたら、やり方はどこもさほど変わらないので、特別サービスでも打ち出さない限りは、大きな差は無いと思います。

ですが、そもそも競争が激しく、大手の会社が独占していたり、新規参入のための集客が難しいことが多いです。

 

エンジニアの仕事は集客ももちろん必要ですし、大きなランニングコストもかかりませんが、一人でやるには限界もありますし、技術力がいりますし、素人がパッと始められる仕事では無いので、商売として成り立たせることができます。

 

 

他人の商売考えるメリットあるの?

 

「他人にアイディアを出すなら、自分でする」っていう感覚が正しいのでは?と思いますが、どうでしょうか?

「アイディアはあるけど、自分でしたく無い」ことなら、喜んで提案するかもしれません。

 

アメブロが何とかなったのは、集客がうまくいくジャンルの人も居たからだと思いますが、基本的にアメブロは同業者を集めることにしか向いてなかったので、起業したい人がアメブロやってて、アメブロ集客のノウハウ教えるよ〜って食いついた魚が多いわけです。

でも、基本的に同じことに興味があったり、同業を集客することにしか向いてないのですよね、冷静に考えたら。

しかも、期待感持たせるのはうまいから参考にはなるけど、肝心なところは隠すし、大したこと言ってないし、そんなに中身があるとも思えない。

集客コンサルタントと名乗っている人が自分のノウハウ使ってないわけが無いんだから、そのまま必要なところを似せておけばいいってこと。

 

商売がうまく行ったら神扱いされるけど、そうじゃなかったらコンサル料だけ取って、根に持たれることもあるわけで。

 

本当に自分の商売で成功している人は、商売方法教えなくたってお金もあるし、いちいち直接コンサルや自分のノウハウ公開する必要もない。

サロンとか面倒なことしなくてもいい。

人が増えて集まるということは、それだけトラブルも起きやすいし、面倒なのにする理由は儲かるから以外に無いんですよね。

自分の仕事で稼げるなら自分の仕事をする方がお金になりますしね。

 

 

脱社畜サロンが燃えた件も・・・

 

イケハヤさんの知名度あるので宣伝は簡単だったに違いないと思いますが、
もうこういう生き方の指針を誰かに植えつけられるようなコミュニティや企画に参加する必要って無いと思うんですよ。

やっぱり生きる方向性を誰かに誘導されること自体が宗教と思われる要素に違いないですし、人生そのものが振り回されるので、リスク高いです。

副業サロンくらいならまだよかったかもですが、生活や人生丸ごと方向転換しちゃうようなことは他人にビジネス的に誘導されたらダメだと思います。

 

その上、イケハヤとパートナー組んでた正田さんとかいう人も経歴詐称で炎上するし、サロン入会されていた方は全力で悔しがらないと。

そもそも大規模な取引しているくらいの人なら、リアルでも人との関わりが多いはずだし、関わりのある会社界隈なら有名なはずだし、ネット検索したら大量に情報出てくるはずです。

それが全くないので、時間の問題だったなと思います。

 

昔ビジネス系コミュニティに私も入ったことがありましたが、ダメです。

自分がサービスしているのか、サービスしてもらっているのかわからなくなります。

だから、ビジネスしたいなら、ビジネス誘導ビジネスに踊らされないように、自分で情報をかき集めなければ。

 

ホリエモンがビジネスはアイディアだと言ってるだろ

 

なんだかんだ言っても、ホリエモンの話は実例を見聞きしていることが多いから、参考になりますね。

ホリエモン信者でも何でもありませんが、ビジネスのアイディアが豊富ということではリスペクトします。

エンジニアのような技術職は、技術そのものを身につけるのに時間や労力がかかり、価値も評価されてはいるものの、それだけでは埋もれてしまうのも現実です。

 

新しく何かを始めようとしたら企画が要りますし、その中身はアイディアです。

なので、その辺のありきたりなビジネス書や、成功した人の話を読むよりも、アイディア探しの方が大事だなと思ったこの頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です