頭を使う仕事だから早起きがいいし、早寝がいい

私はもともと朝起きれないし、いつも「だるい」「しんどい」が口癖のような子でした・・・が、

この数年で出会った人が朝早起きな上に、朝からブログ更新したり、ジムに行ったりと活発なのを見ていると影響されたのか、そんな生活をしたいと思うようになりました。

私は全然朝起きれないし、夜の1、2時くらいまで起きて、学校サボったり、仕事に出るギリギリまで寝てる子でしたが、今は早寝早起きの方が気持ちよく朝も起きれるし、頭もスッキリしていることが多いです。

 

朝型?夜型?ってどういうこと?

 

朝型か夜型か・・・という区別はよくされていますが、朝型なのか夜型なのかという考え方は決して夜中の1時、2時まで起きて、朝9時、10時まで寝ていることでは無いようなのです。

朝型か夜型かという分類はだいたい3つくらいに分かれるらしく、その違いは1日のどの時間帯に集中力を発揮できるかという問題のようです。

しかも、大抵の人は朝型にできていて、夜型の人間は少なめです。

 

でも、いつも朝起きれないし、夜寝られないから

「私は夜型なんだよね。寝られないし起きられないからしかたない」

と言い訳していませんか?

 

単純に朝起きられないのは夜にさっさと寝ないからですし、夜に寝られないのは夜まで作業したり、目の冴えるパソコン作業ばかりして運動していないからかもしれませんよ?

普段、朝遅くに起きて仕事しても頭が冴えてスッキリしているなら参考にせずとも、我流でスケジュール立てればいいのですが、そうでないなら生活習慣を見直すことはかなり良い可能性あります。

 

朝スッキリ起きるコツと夜ぐっすり寝るコツ

 

朝スッキリ起きる方法は、色々やった結果、

  1. まず夜に早く寝る
  2. どうしても夜寝られなくても、必ず決めた時間に起きる
  3. 朝起きたらコーヒーを飲む

というのが、行動的によかったことです。

 

夜ぐっすり寝る方法は、

  1. 寝る1,2時間前のパソコンやスマホは控える
  2. 寝る前に運動しない
  3. 目を温めたり、耳をマッサージする
  4. (飲み慣れていないなら)20時以降カフェイン摂取しない

というシンプルな方法です。

他にもぐっすり寝るために、ヒーリング音楽を流したり、簡単な瞑想をしたり、全身の筋肉に力を入れては抜くというリラックス方法を実践したりしました。

慣れると、勝手にいつもの寝る時間には眠くなるので、必要無くなります。

 

 

それでもダメなら、メンタルのマネジメント

 

でも、意外と睡眠がストレスと関係すると言われているように、自分の普段の考え方や思考やその日の出来事が原因で寝られないこともありますし、起きられないこともあります。

どうしてもその日やらなければいけない憂鬱なことがある時はギリギリまで寝たいと思ったりしますよね?

「仕事行きたく無い・・・ギリギリまで寝てやろう。。。」

と思うことありますよね。

 

本当に仕事に行きたく無いと思って朝起きられないなら、絶対に仕事を見直した方がいいでしょう。そのうち鬱になったり、体を壊して入院になる可能性高いです。

本当に病は気からというようにストレス原因で病気になることはあります。

(実際にそういうことには何度も覚えがあります・・・)

朝スッキリ起きたく無い理由があるかもしれないので、そういう時は自分の仕事そのものを見直したり、何か嫌な役割を押し付けられていないかなど考えてみてください。

 

ただ、仕事だけが原因ではありません。

仕事そのものが大変かどうかよりも、自分の認識が自分を辛くさせている場合があります。

まだ会社に勤めていた時は「なんでこんなことしなきゃいけないんだろう」と思っていたこともたくさんありましたが、

朝の出勤前の時間にブログを書いたり、勉強したり、本を読む時間を意識的に作るようにして、少しでも意味のある1日にしようと心がけていました。

あるいは、今の仕事で工夫できるところはどこなのかを考えて、意識的に仕事をどうすれば楽しめるかということを考えました。

 

1日が億劫だったり、1日に意味が見出せないと、意外と単純なもので、寝たいだけ、寝られるだけ惰眠を貪り続けるようにできていますし、

心理的にストレスを抱えていると少しでもストレスによる体や頭の負担を軽くしようと眠りに逃げる習性があるようです。

 

そんなわけで、寝る前に翌日のスケジュールを書き出し、楽しみや達成感を感じるイベントを1つでも作ってください。

そうすることで翌日の起きる気が湧きますw

 

あと、この頃ストレスが多いな、辛いなと思うことがあれば、一度紙に書き出して整理することもおすすめです。

だいたいの場合、ストレスの原因は単純な刺激の多さだったり、ぼんやりした不安感だったりします。

少しでも自分が数ヶ月前や数年前と比べて成長していると感じられると安心するところもありますので、書き出して整理して、

ストレスをどうしたらストレスでなくせるか

を基準に毎日の行動を見直す指針にするといいでしょう。

 

過去の不安なども書き溜めたりしておくと、ある日振り返ってみると「こんなちっぽけなことで悩んでたんだな」と自分の成長に気づかされると思います。

1 個のコメント

  • 大変参考になります!
    いやなことがあっても寝て起きたらきれいさっぱり忘れているくらいの感覚で行きたいですね。
    毎日ベストな睡眠がとれるようお互い頑張りましょう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です