異業種交流会辞めますw 得たこと、残念だったこと

ずいぶんお久しぶりになりました。

書かなかったのは色々訳がありますが、とりあえず後日小出しにするとして、
ちょっと煮え切っていた異業種交流会の話でも。。。

 

BNIという異業種交流会辞めるって話

 

BNIっていう異業種交流組織に入っていました。半年ほどです。

長い人は7年とか続けている人がいますが、毎週1回、朝6時半とかからありますw
(そもそも6時半に集まるという仕組みについていける人が少ない)

私の場合、

基本的にパソコンの仕事ってお客さんとの話以外は家から出ないので、
BNI特有の紹介システム=週1回、会に参加している誰かに仕事に繋がる人や仕事を紹介するというタスクが
どうにも苦痛という問題がありました。

あとは、単純に自分の所謂ゾーンの時間が途切れる部分があり、ソワソワするし、
毎日のペースが乱れるという問題がありました。

 

入って数か月で、かなり体力の消耗を感じていた部分もあります。

集中が途切れるということはやっぱり大きな苦痛に繋がる行為だなと改めて思いました。

 

入って得られたこと

 

入って得られたことは、

単純に異業種の人が一体何をしているのかということと、
色んな人がいるけど、経営者もピンキリだっていう知見です。

週1で会うので、嫌でもその人の素行?が見えるので、
いい加減な人なのか、性格などいろいろ見えます。

なので正直「信用ならんな~」という人も出てきます。

 

人を見る目無い人とか、世間知らずさが不安な人は
是非こういう人が定期的に集まるところに入るといいと思うのでお勧め。

 

勿体なかったと思うこと

 

単純に自分の仕事の職種では向いてなかったなと言うのが1つ。

エンジニア界隈って勉強会で同業とは繋がれるし、

お客さんに営業と言っても、セミナーや直接相談・提案しないとなかなか危機感がありませんし、
システムっていう見えない商品の特性上、紹介自体が難しいですね。

 

あとは、BNIが売りにしている

「1専門分野=1人」

と決まっているところです。

 

なので、自分の頼みたい業種や専門の人が頼り無い場合もあります。

入会に審査はあるものの、
お客さんがいるかどうかや、会にちゃんと参加できるかどうかというものがメインなので、
仕事の実績云々は問われません。

 

あとは愚痴になっちゃうけど、

・毎週1回の1時間半+α の朝会
・毎週1つ以上の紹介(リファーラル)
・その他イベントの準備・トレーニング(講習)・その他飲み等

の時間を苦手な人も勿論出てくるようなメンバーの中で続けるのは
気力と体力と時間がかなり必要という結論になりましたw

私は、とりあえず、超時間とお金に余裕ができて、
自分の自己研鑽の時間も確保せずに済むようになったら考えようかなというレベル。

 

確かに人脈は必要だけども、信用できる人と繋がらなければ意味がないわけで。

そんな人にはなかなか出会えないし、
居たなら直観的にわかるものかもしれないと思います。

 

 

結論:着実に人脈広げた方が良いのでは?

 

私自身も正直人間的にまだまだな部分もあるし、気やすいタイプじゃないから
多分気を使われていることも多いと思います。

ただ、こういう交流組織で同じ人と毎週会うことで親しくなろうとしても、
単純に難しいんじゃないかな~という気持ち。

やっぱり、一番にお客さんからの口コミというツールほど信用の高いものはないから。

とりあえず、どこかで間口を用意して、お客さんができて、
そのお客さんに他の人を紹介していただけるような仕事をしなければ。

特にすんご~い実績を持っているわけでなければ。

 

そんな感じだから、着実にお客さんを増やしていけるように、同業のつながりと、
あとは顔が広い業種の人や誰か信用できる経営者などと繋がらないといけないと思います。

その他は、新規で見つけていただけるようなネット上の情報や、SNSや、
セミナーや広告などで間口を広げる方法を取らないといけないと思います。

 

ちょっと嫌だったこととして、
「そのメンバーにいるからその人を紹介しなきゃいけなくなる」
という状態が出来上がりがちなことです。

本当に信用できる人に紹介したいし、
ちゃんと仕事してくれると思っている人に紹介したいし。

組織にいる限りは、チームだから~という形で仕事を渡すというリスキーな状況に
なりがちだな~ということでした。

 

この経験が今後、活かされることを願って。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です