SESは違法でデメリットしか無いと言っても響かない人たち。

独立準備中のみな実です。

SESは違法行為だと一部浸透していると思うのですが、まだまだ知らない人の方が多いみたいです。

というか、IT関係の仕事している割にIT業界とかITに興味が無い人すらいます=なので調べないから、SESが違法行為だとか偽装請負だということも知らないみたいです。

私が今いる会社は一応スクールに通うか中途入社の人ばかりなのですが、そもそもパソコンが家にない人すらまだいます・・・。
それってもはや勉強する気も無いし、何か作る気もないよね。

ちなみにその人はアプリ開発とかしたいと言っていましたが、家にパソコン無いのに?とか、Java勉強したのにそもそもパソコンが家に無いからかパソコンの基本操作すら怪しかったです。

右クリックの意味もよくわかってなかった・・・(呆)

 

まあ人のことは自分では無いのでどうでも良いとは思うんですが、今回SESが違法だということを同じ会社の2人に話した反応を書きたいと思います。

 

 

SESを辞めるか辞めないかは向上心の差でしかない

 

あなたは『お金』欲しくないですか?

私は欲しいですw 生活も楽になるし、気持ちに余裕ができるし、

何より、お金のために仕事する必要が無くなりますよね!

 

毎日好きなことしたり、気持ちの余裕を持って毎日を過ごすというのは、幸せに決まってます!

節約ばかり気にして好きなものが買えなかったり、本当は欲しいものを我慢するのは、少ない給料に慣れていたら当たり前にはなってくるのですが、時折悲しくなります。

お金に限らず、他人にプレゼントだって気前よく快く出来ちゃったり、大事な人を喜ばせる手段としてお金を利用するってこともありますね。

旅行に連れて行ってあげるとか、美味しいご飯を食べたり。

 

それができるのはお金があるからです。
お金がないと大事な人が病気でも医療費出してあげられません。

 

お金を稼ぐためには、仕事でより多くの給料を貰ったり、賢く使ったり、投資する必要があります。

その1つの手段として最低限貯蓄するのも重要だと思うんですよね。手元がなければ投資も出来ませんし。

 

そのためにも給料は重要だと思うのに、

会社の2人の男の人に「SESは違法だし、スキルも上がらないし、給料も自分の実際の働きの半分以下になっている」ことを話したら

「絶対辞める!」と言った人と、「今のままで満足」って言った人と2人いました。

 

前者は自分で努力もしているし、これから仕事頑張るという姿勢が見えますが、後者は今の平凡な生活に満足しているようです。

 

 

「向上心が無い」とはどういうことか

 

 

蔦が広がるタイプの植物とか、昔育てた朝顔とかプチトマトとか思い出して貰ったら良いと思いますけど、

伸びないな〜と思ったら枯れていくのが植物の定めです。

現状維持しているつもりでも、人間だって同じ暮らしをしていても時間と共に老化しますし、宇宙も研究によると少しずつ広がっているという研究データがあるようです。

 

そんな見えない壮大な話をする必要はありませんが、
成長か退化しか世の中には存在しないと思うんです。

 

成長がなければ、退化する。若い頃は体力や若さそのもの、未来の可能性も広がっていますが、年々何もしなければそれらの価値は下がり、退化と言えます。

 

そうならないために、少しでも成長するために良い環境が必要だと思うわけです。

 

SESは雇用もしてくれているし、いろんな仕事ができるし、生活できるだけの給料もあるし・・・と擁護している人たちはいますが、それで良いの?って思うことはいくつかあります。

 

 

自分の労働報酬に対して、会社からのマージンが差し引かれる

 

自分が現場先で実際に仕事をして支払われている仕事に対しての報酬額が50万円だったとしても、自分の雇用されている会社や途中の中抜き会社のに差し引かれて給与が20万とかそういうことが普通に起こります。

それってその会社に直接雇われたり、ちゃんとした派遣をしている方がまだましだと思うんですよね。

フリーランスだったとしても、ちゃんとお金は中抜きされずに貰えるので良いと思います。

でも、貰えるはずのお金が少ないということは、機会損失でしかなくて、自分にお金があったら誰かから学ぶ代金として使ったり、自分のパソコンを買ったり、ちょっと値段のするソフトを買ったりも出来ます。

勉強するために本を買うことだってできるし、生活も楽になります。

なのにそのチャンスを失うのは勿体無いので、環境を変えられるうちに変える方が良いと思います。

 

他人からやたら管理されるしんどさ

 

SESの仕事をしていると、明らかに自社と中間企業と現場企業の何社からか管理されます。

いつ休むだとか、ちゃんと仕事しているかとか、それぞれの会社の在り方ややり方についての説明を受けたり、全然違う会社から何方向にも「こうあるべき」と注意を受けたりします。

何かを報告するにも、何方向にも言う必要があるので、自分一人のために一々何人にも連絡したり、迷惑かけることになってしまいます。

それぞれの立場のことや自分の立場の微妙なことを考えると、要らないストレスの方が多いとしか思えません。

 

成長は運次第。案件によるし、成長させてくれる会社は少ない

 

そもそも自分で成長しろ!っていうことではあるのですが、それなりにやり甲斐のある仕事をさせてくれるところは限られます。

何処かの会社が請け負った案件に時給というか、労働時間に対する報酬としてお金を支払ってもらって仕事を受けているので、当たり前ですが責任の伴うような仕事はもちろんありません。

だからあまり重大なことにならない程度のことを任せられるということ。

だから、プログラムやシステムのテストばかりの現場も多いし、ひたすらExcelにまとめるという作業の現場も多いのです。

せっかくIT関係の仕事を始めたのに、ずっとテストばっかりして30代を過ぎて、転職したくてもはっきり言えるスキルが無いとか、どこか中途半端な経歴になってしまうことすらあります。

 

そんなことは辛いので、早いうちに自分の成長に役立つ環境に移らないと時間が勿体無いです。

 

 

それでも向上心の湧かない人はそれでも良いけど

 

私はやれるうちにやっておかないと後で辛くなってからじゃ遅いと思うし、後悔しそうなのでSESは辞めさせていただきますが、

何年もそこで疑問も持たずに・・・もしくは疑問に思って不満があっても我慢している人もたくさんいます。

IT以外でもそうだと思います。

 

色々不満があってもどうしても辞められない理由があるとかなら(そんな理由があるのかはわかりませんが)まだ仕方ないと思いますが、
辞めるのも自由で、これからの仕事が自分のレベルアップや生活レベルの向上に繋がらないのがわかっているのに辞めないというのはよくわかりません。

 

個人的には、

今回2人の同僚にSESの仕事の事実について話をしてみて良かったことは「人はいろんな考え持っているんだな〜」とはっきりわかったことです。

 

現状維持を望んでいた方は「そんな裏事情は知らない方が良いこともある」と中間で会社がマージンを抜いていることを聞いて言っていました。

(知らぬが仏ってそういうことじゃ無いと思うけど…)

 

自分が望んでやっていることだから良いけど、そうだとしても自己責任ですよと覚えておいてほしいですね。

 

選択肢に対してどれが正解とかは言えないですが、

違法行為だとか、自分にとってのデメリットが多いと思えるなら、辞める方向に動くのが普通じゃ無いかと思っていたんですが、そうとは限らないということを学びました。

 

現状維持を望むというのは確かに人間の本能のレベルで存在することで、それをホメオスタシスというのですが、
ということはある意味、本能に忠実に生きているとも言えるのでしょうか?

 

せっかく人間には理性があるのだから、本能だけで生きることにはならないでほしいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です