独立前準備。退職する前にクレカや銀行口座を見直し。

独立準備中のみな実です。

退職する前に最低限必要なクレカは先に作っておこう!という話です。

収益が上がっていても、すぐに法人化するのはあまり聞きません。
法人化する手間、申告諸々の手間、収益が少ない状態で法人化すると逆に税金の支払いが増えることもあるので注意なのです。

でも、月に何千万かの売上が発生してきたら、もう節税のためにも法人化するしかなくなってくるようです。
(実際法人化したことある訳では無いのでですが)

私は仲のいい社長さんから、「クレカや賃貸不動産の契約は、個人事業主だと収入の審査が細かかったり、収入が不安定と見られやすいので審査が厳しくなる」

という話を聞いていました。

まあ、何故かわからないのですが、法人化していたとしても、会社員の方が安定しているとカード会社などは判断するようになっているようなので、必要なものは辞める前に準備しておこうってことです。

 

 

クレカと銀行口座は本当に要る?

 

私はあまりクレジットカードを使わないタイプなのですが、最近はマイルをやたらと貯めている社長様方の話を聞くことで、クレジットカードの支払いとそれによるポイントの加算ってバカにならないんだな〜と実感しているところです。

私は妙にアナログなので、今日支払ったのに翌月に引き落とされることが、現在の残金を混乱させるので好きではなかったのです。

お金に余裕のある方ならクレジットカード支払いでも困らないかなと思うのですが、そうでは無い場合、手元のお金と相談して支払わないと赤字になっちゃいます。

今はそこまでカツカツではないですが、そんなことがあるとやっぱりクレジットカード支払い控えておかないと、いつもカード引き落とし時期になると金欠になり、リボ払いなどで借金地獄・・・ということになりえます。

 

クレジットカードのお得な点

 

クレジットカードを作っておいたら、支払い時のポイント次第でお得にサービスを受けられたり、お金の代わりにポイント支払いで買い物できることがあります。

しかも、ポイントでの支払いは非課税ですから!

知らないうちに貯まったポイントには税金がかかってこない(お金は収入と見做されて課税対象になるけど)なので、ポイントつけておいたほうが断然良いのです。

せっかく支払うなら、光熱費や生活費、家賃などを引き落としに使うだけでポイントはかなり貯まってくると思います。

 

私は周りにJALカードが多かったのと、イオン系列のスーパーで買い物などが多いのでマイルは【JAL】にしました。

正直頻繁に使うかもわからなかったので、年会費も2160円の普通カード(20代限定)にしました。JAL EST会員としての年会費を合わせても7560円です。

もうワンランク上のカードは年会費10,800円だったので、余裕があれば。

ANAなら楽天カードと一緒になった楽天ANAマイレージクラブというのがあり、楽天もよく使う人ならポイントも貯まりやすくていいと思います。

 

 

口座開設が必要な点

 

自分がすでに使っている口座で問題ないのであればいいのですが、
今まで使っていた口座がローカルな口座だったり、お客さんに振り込んでもらう時の振り込みやすさや銀行の信用度としていいか悪いかはあると思います。

私はゆうちょと楽天銀行を使っていたのですが、楽天がそもそもお堅い銀行イメージではないので、大手3つの銀行の1つくらいは持っておいた方がいいよとなりました。

私は関西なので【三井住友銀行】にしました。

他の大手銀行2社は三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行です。

正直、東京や海外方面では三菱UFJ、宝くじやサラリーマン向けがみずほ銀行というイメージです。

三井住友銀行は関西方面に有力なのと、融資等の金融業そのものに力を入れているそうで、関西では有力で信用も大きいので選びました。

 

退職する前に契約しておこう

 

せこいと言われても仕方ないですが、退職前の会社員としての信用があるうちにカード契約しておきましょう。

個人事業主になってから手続きするのは結構面倒なのと、実際収入が少なければ難しいので、収入めっちゃあるし安定しています!って人以外は、とりあえず使わなくても作って用意しておけばいいと思います。

 

法人化するまで法人の銀行口座を持つことは無いですし、クレジットカードも法人で申請・利用できません。

本当に節税が必要になってから法人化する方の方が多いようなので、よっぽどでない限り、2年以上は個人事業主の場合が多いので、準備しておくことをためらう必要ないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です